安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

リーディング力をつけるということ

TORAIZでのメインの自己学習は、
”シャドーイング”と”スピーキング”です。

これを毎日約3時間続けることで、英語力が変わってくると思います。が、最近はリーディング(前から戻らないようにして読むこと)も英語を使う上で重要だなと感じています。

映画の文章などを一緒に読んだりすると、文末から意味を理解する人が複数いたためです。

読むときは、時間が止まっているので後ろから意味を取っても問題ないのかもしれないのですが
会話になるとスピードはものすごくあがるので前から理解していないと理解が追いつきません。

その練習として、読む そして必ず戻らないようにして、前から理解していくという練習を始めました。

まあこれは重要ですね。そもそも英語学習において、重要なポイントを挙げていったらキリがないです。

発音も大事だし、リーディングも大事、文法も、単語も全てが大切です。

トライズでは、1年という時間を設けているので、「スピーキングとリスニング」の2つに特化しているだけ。10年あれば、ほとんどのことをやっていけるでしょう。

そして、その分英語力も上がっていくでしょう。でも時間がないですよね。1年っていい時間だと思います。

それと私がもう1つ伝えたかったことは、英語に触れる時間が長ければ長いほうがいいので、やるべきことは「なんでもいい!」ということです。

すきなことで、それだけ英語に触れられれば、なんでもいいのです。

そもそも好きじゃないことに相当な時間を費やすことは、ものすごくストレスじゃないでしょうか。私はそのストレスを極限まで減らすことができるようにコンサルをしていますが、それでも一番大切なことは「本人の気持ち」「モチベーション」です。

それがあれば、そして英語に時間を費やすことができればそれでいいのです。

英語に時間をかけられない、かけたくないのであればやらないほうがいいです。

やってみよう と思ってから、止めるまでの時間が無駄ですからね。。

トピックは、リーディングについて というものにしましたがまとめとしては、日本人はとりあえず英語に触れる時間が長ければ、長いほどいい ということです。

私たちが行っている英語学習コンサルタントは、その「いかに」長く英語の時間をとれるようにするか というだけの話しです。

自分でできるならば、それは必要ありません。お金がもったいないですからね。。

まあ頑張っていきましょう!やれば、なんとかなります!

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です