安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

リエゾンやよく聞こえない部分のシャドーイング

英語と日本語の違い

まず英語学習者として、認識しておきたい部分ですが

英語と日本語は言語間の距離が非常に遠い ということです。

文法や単語もさることながら、

「声の出しかた」も大きく違います。

日本語は比較的口先だけで、平坦な音で会話をすることができますが

英語の場合はお腹から声を出し、かつ抑揚を大きくつけるような特徴があります。

また日本語は子音が3つ以上繋がったりすることはない、英語はある といった違いもあります。

他にも色々違うことはありますが、(冠詞や三人称のSなど)

私たちにとっては、””声の出しからから””も意識していかないといけません。

英語の繋がる音

英語は、リエゾンやリンキングといって2つ3つの音が繋がることがあります。

ここに慣れて、綺麗なシャドーイング目指したいです。

例えば先日のプログレスチェックでいうと、good at itやTom andなどがありました。

これらは、音的には繋がっているにも関わらず、1個ずつ発話していると遅れてきます。

上の英語でいうと、good at itは グダイッ Tom and はトマンドのようになります。

他にもKeep onだと、キープオン ではなく キーポン になります。

こういったところに意識して、英語の音をそのまま真似していくことが英語のリスニング・発音力 向上の大きな近道になります。

何回聞いても聞こえない!

上に書きましたように、シャドーイングの練習をするときには、聞こえてきたまま を出すようにすると近道になります。

しかし、何回聞いても、「聞こえてこない」「言っていないだろう」場合があると思います。
(スクリーンプレイだと書き足している場合があったりして、
本当に言っていない部分もたまにあるので、そこは講師やコンサルに聞いてみてください)

そんな時は「こう言っているんだなー」「消えるんだなー」と自分の中で納得させていくことが重要です。

言語学のことばでは、「曖昧性の容認」と言いますが、

曖昧性を容認できる ということはある種、効率よく言語を学べる とされています。

私たち日本人も日本語を間違えたり、知らない単語があったりするように言語は常に完璧ではないのです。

なので、非常の細かい部分は気にせず ある程度しっかり練習してもできなかったら

こういうものなんだな と自分に落とし込んでいくことも重要です!

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です