安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

サーフィンの魅力と英語の関係性

自分自身の趣味について

私が人生で初めて出会った趣味「サーフィン」

これまで様々なアクティブティに触れる機会がありましたが、
ここまで「早くもう1回やりたい・うまくなりたい!」と思う趣味は初めてです!

きっかけは、友人に誘われて「サーフィンスクールに参加したこと」でした。

はじめは「自分にサーフィンなんて」と思っていましが、半ば強制的に連れて行かれて
いざやってみると、初回から「立つこと」ができました!

この立つことができた時の感覚が、これまでに味わったことのないものでした!

また湘南だと、基本的には毎日波が小さいので初心者の方でも挑戦できます!

サーフィンの良さ

①横乗りのスポーツ(スケボー・スノボー)はすごくケガが多そうなイメージですが、
サーフィンはどれだけ転んでも、海にダイブするだけですから転ぶことが怖くないところが好きです!

②自然と遊んでいる!という感覚も大好きです。
波と板があれば、サーフィンは出来ます。
初めてうまく波に乗れた時の感覚は今でも忘れません。

③ウエットスーツに着替えて、道を歩いて行き海が目に入る瞬間は毎回「おー!」となります!
都会で暮らしていると自然の素晴らしさ素晴らしさを感じることは多くないと思います。
海を見るだけでも一種の感動ができます。

サーフィンと英語の共通点

私はサーフィンと英語学習に共有点があるなと思っています。
練習時間を重ねれば重ねるほどうまくなっていく、うまくなったらその分楽しくなってくる というポイントです。

サーフィンはある種もっとも難しいスポーツと言われていて、回数を重ねないとなかなかうまくならないものです。
辛さを多く感じる練習の日もあれば、楽しさを多く感じる練習の日もあります。
考えてみれば、挑戦することもほとんどがそうなのかもしれません。

英語もサーフィンも練習あるのみですね!

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です