安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

トライズ代表 三木雄信について


今日は私をイングリッシュコンサルタントという素晴らしい職業に出会わせてくれた、トライズの代表 三木 雄信(通称:三木さん) について書きたいと思います。

三木さんから入社時に言われたこと

私がトライズ入社時、三木さんに言われ印象に残っている言葉は、

「何か思いついたことがあれば、すぐに実行してほしい。私達(トライズ)はまだ変化の中にある」

という言葉です。

会社のvalueの1つに「seek better quality」というものがあります。

三木さんは特にここを重視されていて、

いい発見があれば、常に行動に起こす それが会社のため、生徒さんのための変化になる
というベースが大きいことが非常に印象的でした。

私がトライズに入社した時は、すでにサービスの内容や学習方法が確立されていたと思いますが

入社してすぐの私に「思ったことをやってほしい」と言っていただいたことは、モチベーションが上がりました!実際にこれまで会社全体のサービスを変えるようなことをいくつか実践させていただけました。

No.1コンサルタントになった時に言われたこと

No.1コンサルタントというのは、年に1回で行っています「お客様満足度調査」の結果です。
(その結果の上位5名までは発表されます。)

私自身本当に嬉しかったのですが、三木さんから「素晴らしいね」と言っていただけたことも嬉しかったこのと1つです。

多くの言葉はありませんでしたが、社長自らこれらの結果も見ていただいて、1人ずつお声掛けいただけるというのもは嬉しいことだなと感じました。

ただ1位を取れたことはゴールではありません。

私自身さらにコンサルタントとして向上させたい部分・向上しないといけない部分があります。これからも精進します!

最近教えていただいたこと

私が新しくオープンした丸の内センター配属ということもあり、最近は三木さんと話す機会が比較的多くあります。

サービスの質というところに焦点を当てて、三木さんがソフトバンク時代にコールセンターのプロジェクトを担当をしている時のお話をしてくれました。

当時の1回のお客様対応が8.5分で、その対応時間を短縮するプロジェクトです。(内容は省略しますが)結果としては、1回のお客様対応を7.5分まで短縮することができたそうです。

チーム全体で対応時間を短くし、より多くのお客様の対応を可能にする というところまで行き着いたけれど 実際には、質を失ってしまった ということでした。

その理由はスタッフみんなが時間短縮を意識することで、言葉遣いが乱れたり、対応に誤りがあったりして、逆にお客様の満足度が下がってしまった とのことでした。

その後、対応時間はやはり8.5分に戻ったそうです。

このことは、イングリッシュコンサルタントも同じだなと感じました。

「何分で対応する!」と決められていることはないですが、生徒さんに満足していただけるサービスを作っていきたいと思います。満足といいますか、生徒さんの「達成度」これだけやってきて、ここまでできてよかった という気持ちを最重要にして行きたいと思っています。
ただの満足だと、「1年やりきったー!」で終わってしまいますが、そうではなく「これができた!」というような実績を積み重ねて行きたいなと思います。

余談ですが、

三木さんがよく社員に聞くことがあります。「あなたは今Happyですか?」という質問です。

私はイングリッシュコンサルタントとして働いていることがとてもhappyなので、『ものすごくhappyです』といつも答えています。

イングリッシュコンサルタントとして、成長していくことが、全てのhappyに繋がるのでこれからもhappyな人を増やしていこう と話したこともありました。

日々、自分な会社で働いている人がHappyであるか気にかけるということは素晴らしいと思います。

また、英語が使える人が増えて、happyな人を増やしたいと思います!

「すごい」と感じるところ

三木さんは毎日とても忙しいと思います。

そんな中でも、日々センターに顔を出してくれたり、コンサルタントのみんなとランチ(=社員1人ずつとのランチの時間があり(通称=みきさんランチ)全社員が通して1回はみきさんとサシでご飯にいっています!!)、さらにはセンターごとに行っている定期的なパーティでは、そのほとんどに顔を出してスピーチなどしてくれます。

そうすることで、多くのメンバー・生徒さんと関わりを持ち、様々な情報を取り入れ、会社の運営をしているのだなと感じます。

特に最近の出来事では、丸の内センターに三木さんが来ている時に、たまたまカウンセリングのお客様がドクターの方で「医師の英語力向上のサンプルを見たい」 と言われたことがありました。

それを知った三木さんは、すぐに全社にメールして医師の生徒さんの受講生カルテ(生徒さん新聞のようなもの)を早急に作っていました。(まもなく完成するのではないかと思います)

この現場からの情報の吸い上げから、アクションまでの速さは、すごいなと思います。

三木さんとソフトバンク孫さんとのストーリー

会社の総会で三木さんに孫さんのお話を聞いたことがあります。

三木さんが言っていた孫さんのすごいところは「アイデア力」です。

孫さんは普通の人が考える枠が、10cm四方の枠だとすると100cm四方の枠でものを考えることができるとおっしゃっていました。私自身、孫さんのことをみるのはYoutubeの中だけなので、孫さんと実際に話していたと思うだけでもすごいなー!と思います!※ミーハーわら

そして、何年も孫さんと一緒に行動してきた三木さんは常に
「孫さんであればこうする」「孫さんだとこう考えるだろうな」と脳内を孫さんにして考えるようです。

自分の意見が行き詰まった時は、「違う人」を入れてその人になりきって考えるようです。そうすると新しい考えや思いもつかないアイデアが出てくるようです。

最近では、書店で三木雄信の名前をみる事も少なくないので、本の帯、カバーで、孫正義と三木雄信の名前を見ると、うちの社長やっぱりすごいなと感じます。(そしてまた新規の生徒さんの応募がドンと増えるな、と)

私も、本を出版する事など出来ないと思いますが、いつか三木雄信から学んだ◯◯みたいな感じで、色々な情報をたくさんの人に発信出来たら説得力もあっていいなと思います。

「盗みたい」と思う能力

三木さんから盗みたいなーと思う能力は、「これだ!と決めたら突き進む力」です。

自分が行うこと、言おうとしていること を信じて突き進む力は圧巻だと思います。

私自身も三木さんの行動力を参考にしながら物事を進めて行ければと思います。

三木さんの盗みたい能力を、私の立場で当てはめてみると

やはり、今担当させていただいている生徒さんのことを本気で考え、
いかに英語力を上げていけるか に尽きると思います。

1年間、1000時間英語に触れることで英語力はもちろんのこと その人も人生も変えたい!と思っています。(私自身も何人かの生徒さんも、英語が話せるようになって人生が変わったからです)

英語は人生を変えられるツールと思っています。
思うと言うよりも、実際に人生が変わります。

一緒に走って行きましょう!

トライズ三木雄信の仕事メソッドを間近で見てきたイングリッシュコンサルタント

安藤

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です