安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

相手の英語のリズムを気にする

それぞれの英語力によって、アプローチは様々変わってきますが、
シャドーイングするときに、全体的に気をつけるといいなーと思うことがあります。

「英語を話している相手のリズムを意識してシャドーイングする」ということです。

映画のシャドーイング、TED、シャドーイング教材 いろいろな教材を使っている人がいると思いますが、ほとんどみなさんに共通すると思います。

文章で書くことは難しいのですが、早口の男性や年配の女性、語尾の長くなるような話し方の人や独特な話し方の人 いろんな話し方の人が登場します。
(※これは日本語でも同じことが言えると思います。)

その中で「この人は、こんな特徴の話し方なんだな」と意識して英語を聞いていきたいですね。

練習している音源と同じように英語を出すようにすると、
英語のそれぞれのリズムに慣れ、今後初めて話すような人の英語にも早めに耳が順応できるかと思います。

相手の話かたや、ペースに合わせて話していく という技術は心理学的にも非常に大切な部分です!

実際に人間は、話す相手によって自分が変わっています。

親しい友達や上司の顔をイメージして見てください!

親しい友達と話している時の自分 と 上司と話している時の自分

この2つは全く同じですか??

人間は、話す相手によって自分が引き出されています!

私がこの仕事をしていて、特に感じるのは一種の「優しさ」がある人は、言語が上手だなーと感じています。

例えば、道を聞いてきた外国人が日本語が上手でなかった場合、その相手に合わせて、自然とゆっくり話せる人、意識してゆっくり話せる人 このような人が言語の上達はとても早いと思います!

一方で、そういった外国人に対してもぱぱっと早い日本語で答えてしまう人は言語習得のスピードが早くないです。

思いやりがないと思いませんか??

ここは論文にあるわけではないですが、私はとても密接に関係していると思います。

『相手』を意識して言葉を使っていきたいですね!!!

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です