現在分詞と過去分詞の簡単な使い分け

英語で会話する力をつける となった時
私自身、文法はそんなにいらないと思っていますが、最低限(中学文法)は必要だなとも思っています。

今日は最低限必要な文法で、かつ苦手な人が多そうな”分詞”について簡単に書きます。

①「現在分詞」=ing=〜している

②「過去分詞」=ed=〜される

と理解します。
例文書きます。

①That running dog is mine.
あの”走っている”犬は私のです。

②This is a pen used by a famous actor.
これは有名な俳優に”使われた”ペンです。

上の文章の分詞は、名詞(dogとpen)の情報を足す役割をします。
※他にも分詞の使い方はありますが今日はここまで

非常に簡単な説明ですが、文中に「ingやed」が急に出てきたら分詞修飾かも!と思い、訳してみてください。
また、この記事を読んだ人は「現在分詞と過去分詞」を使った文章を1つずつ頭の中で作ってみましょう。
例:あの公園を歩いている女性は私の母です など

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在は(LEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
メッセージ、対面での英語学習相談も受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です