安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

languaging(ラングエッジング)について

昨日、英語脳を作るための有効な方法について、応用言語学の先生と話していました。
その中でもすぐにでも実践可能な方法を見つけたので書こうと思います。

英語で話すときに、”間”ができると思いますが そこのリアクション(フィラー)も英語にしてしまう という方法(languaging)です。
日本語だと「えーっと」や「はい」「うーん」などが一般的なものかなと思います。

これらを英語を使っている時は「Uh」「yes,yes」「You know」「well」に変えてしまう!という方法です。
この方法であれば、”たった今”からでも実践できると思うので、どんどん挑戦していきましょう!

英語の学習を初めて、まだ日が浅いと例えば、英語のレッスンをしている時も考えるときは「なんだっけ」「えーっと」のように日本語の感覚がたくさん出てきてしまいますよね。

ここも全部英語にしてしまうことが、非常に有効だ!と言うことです。

もう仕草から、間の言葉から、全てを外国人になりきるととてもいいですよ。

これって、周りに日本人がいなかったらできると思います!

周りに日本人がいたら、恥ずかしくってできないかなーと思うんですが、(私自身は全然平気でいつもやっています わら)

レッスンて、おそらく自分1人の環境で受けてると思います。

と言うことは、何をやっても恥ずかしくない。

相手は、外国人の講師だけですから、こちらも外国人になりきった勝ちですよ!

こういった感じで、本当の英語の知識とかももちろんビルドアップしていくことは大切ですが、周りの感覚とか雰囲気とかも英語!!!にしていきましょう!

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です