安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

休会明けミーティング

昨日は、休会明けの方とのミーティングがありました。

休会を1度してしまうと、学習のペースが崩れるところはもったいないかなと思っています。
(そのまま戻ってこない方もいたり。。)

ただ昨日の方は、しっかりと仕事のペースと自分のスケジュールを見極め、
「今が再スタートの時期だ!」と言ってくれました。

モチベーションも高く、1ヶ月空いたのに素晴らしいなーと感じました。(この1ヶ月間は仕事仕事で、英語の学習は全くできなかったそうです)

ミーティングの内容としては、再開後のレッスンプランと教材についてです。
>レッスン
これまでのレッスンスケジュールを変えて、新しい講師と時間帯に設定しました。
レッスンは週3回と回数が限られており、レッスンを受けることの重要性はしっかりとアウトプットすることです。その中で、もちろん講師との相性や講師のレッスンスキルは大切になってきますが、アウトプットが最優先なので、新しい講師を設定しました!

>教材
使っている教材がちょうど変わる時期だったので、新しい教材にも進みます。
リプロダクショントレーニング

このシリーズいくつかあるのですが、私は一番普通のやつを使っています。
4種類=入門・通常・ビジネス・スラッシュリーディングの4種類です。

本来の使い方とは違いますが、私の使い方は「日本語を見て、英語が出てくる(その中で言いたいことが伝わればそれでOK)という使い方をしています。

リプロダクションの日本語は非常に長い文章です。これを完全に覚えてしまうのはなかなか難しいので、ここに出て来ている表現を使って、自分で言いたいことを言えるようになる という練習をしています。

そして、その次のページには「絵」を見て説明するページもあるので、そこを使うこともあります。
○○さんなら、この状態の時、どうやって英語で言いますか??という問題の出し方をして、英語で答えてもらっています。

そこから私も英語で返し、会話をそのまま進めていくこともあります。
実際に英語で生徒さんと会話することは、とても大切だなーと最近痛感しています。

2週間に1回宿題のチェックをしているだけだと、生徒さんの本来の英語力がしっかり把握できないためです。

私たち、英語学習コンサルタントは、生徒さん1人1人の英語力をしっかり把握して、アドバイスやコーチングをする必要があります。

やってきてもらった宿題をただただチェックして、「はい、OK」もしくは「もう一回」。
これでは本当にコーチングとして意味をなさないと考えています。

今、自分がやっていることが宿題とその宿題のチェックだけだなーと感じておられる方はその方向は間違っています。

しっかりと英語力を把握した上で、効率の良い学習方法をアドバイスすることは可能です。
わからないこと、聞いて見たいことがあればいつでも聞いてください!

今日から頑張っていきましょう:)

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です