安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

英語で「捨て猫」ってなんて言う??

昨日、久しぶりにアメリカの友達に会うことになり、うどん(丸亀製麺みないなところ)を食べに行きました。

彼と話している中で、ひょんなことから「猫を拾った」という会話になり、
「捨て猫」ってなんていうんだろうと思い、私が新しく学んだ言葉だったのでここに書きます。

※これは私の癖かもしれませんが、英語でなんて言うんだろう?と思ったことは必ず聞くよ言うにしています。
そして、その答えが納得するものであれば脳に入れ込み、納得できない場合はGoogleで調べたりしてとことん理解させます。

昨日、彼から教えてもらった言葉は、「abandoned cat」です。初めて知る単語でした。

abandoned  で、””捨てられた””という意味があるようです。
よく考えてみると、日本語でも「捨て猫を拾ったー」という会話にはあまりならないから、これまで知らなかったんだなーと思いました。

ネットで調べてみると、「捨てられた車」という意味で、an abandoned car のように使えるようです。

友達とのなんの変哲も無い会話から、また新しい単語を学び、語学ってつくづく終わりがないなーと感じました。

ちなみに、ここから派生させて、違う単語の話です!

ものすごく似てるなーと思った単語があったのでそっちも書きます。

abundant  です。 綴りもなんとなく似ていますね。。

これは 「豊富な」 という意味の形容詞です。
少し違うだけで、意味が大きく変わりますね!

その場で練習し、彼に音が正しいかチェックしてもらいました。

文で書くことは、難しいのですが、
捨てられるのabandonedは、アヴェンダンッ(ドゥ) のイメージです。

bの後ろが、aなので「エ」のような音になります。

一方で、abundantはアヴァンダンッ(トゥ)のイメージで、uがアのようになります。

英語の音について文章化しましたが、なんとなく伝わりましたでしょうか??

興味のある方は、ぜひ発音の違いなどをネットで調べてみてください:)

aの音とuの音、しっかり区別させていきたいですね!

最後発音についてのアドバイスで終わってしまったのですが、この記事で伝えたかったことはわからない単語があった場合はすぐに聞いたり、調べたりして「わからない」を「わからないままにしない!」と言うことです。

英語は1つ1つの積み重ねです。
ある日突然流暢になることはありません。

これからも一緒に頑張って行きましょう!

英語コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です