安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

サーフィン日記

このタイトルの記事を読んでいただいている方は、サーフィンにも興味を持ってくれたらなーと思うくらいサーフィン好きです!

ただ、このブログを読んでいただいている方は「英語について知りたい!」という方が多いと思うので、先に言っておきます。この記事は全く英語は関係ないので、お見知り置きを!!完全に私のプライベート日記です!

早速、昨日の波の報告です。わら
昨日の波は「もも」くらいでした。

「もも」ってなに??と思った方に説明します!
これはどういうことかというと、サーフィンでは、海の平らなところから波の1番高いところまでの高さを体の部分で表します。

なので昨日の波は、”もも”くらいの高さがありました。ということになります。(70cmくらい)

平日ということもあり、人も少なく ものすごくサーフィン日和でした!

前回から1週間。
前回からの続きで、「左に進む時の肩の開き方」をものすごく意識して取り組みました。

私自身サーフィンにはコーチをつけていて、こんなことができていない 次回はこれをできるようになろうと言うことをレッスンで言ってもらっています。

やはり自分で気づけないところに気づけることがいい部分ですね。

Youtubeなどもみたりしながら、今日何回もトライして、肩をしっかり開いて左に進みながらも、進行方向を見ることができました!もっと時間がかかると思っていたのですが、今日実際に自分のなかで「できた!」といういう感覚が確実にありました。(やったーー!!)

自分を客観視して、少しずつできるようになっているととても嬉しいですよね!
これは英語も同じかと思います!

そして、次の課題です。

昨日のサーフィンコーチングで言われたことは、体重のかけ方です。

波に乗ってからボードを左右に動かしたい時は、後ろの足のつま先に力を入れてボードを動かす ということでした。

これは難易度が高い。。

またここから頑張ろうと思います。
どこが難易度が高いかと言うと、サーフィンはご存知の通り水の上に立っている状態なので、非常にバランスが取りづらいです。

その状態で、つま先に重心=前のめりになる ということがどうしても恐怖心が出て来てうまくできないのです。。

倒れても水なので、怪我する!とか怖い!とかはないのですが、やはり倒れると言う動作に対して体が反応しているのだと思います。

思っているより、体重をかけても倒れないと思うのですが、そのギリギリのラインを攻めることが難しんですよね。。。でもやりたい!練習あるのみです!

私が「サーフィン」が好きになった理由がもう1つあって、スクールの先生や生徒さんたちとの繋がりです:)

皆さん優しくいい人ばかりで、サーフィンレッスンが終わった後には、行ける時は数人でご飯に行きます。仲間と言う感覚は自分はそこまで好きではないのですが、やはり共有の趣味を持っている人たちと話すということは楽しい動作なのかもしれません。

ちなみに昨日は、クレバーというレストランに行きました。(湘南は美味しいレストランが多い!)

いろんな世代の人とお話できて、そしてたまたまスタッフさんにオペラを勉強している人がいて、その歌を聞くことができて、(オペラの歌を生で初めて聞きました。声で空気が揺れている?ような初めての感覚がありました)ものすごく刺激があり本当に楽しかったです!

写真撮ったのがデザートだけなのですが、アップルシナモンアイス。

それでは、また次回です!

これからのサーファー兼英語学習コンサルタント 安藤 勇人

 

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です