安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

基本的な動詞と前置詞(イディオム)を使おう!

英語は「基本的な動詞」と「前置詞」を組み合わせることでいろんな言い方をすることができます。
これは、よく「イディオム」と言われます。

このイディオムを上手に使うことで、非常に英語の説明/使い方が上手になるので、レベルがある程度まで達した人はここを向上させていくことも非常に大切です。かくゆう私もイディオムは少ないと思います。
数がとても多いし、意味がいきなり変化したりするので難しいですよね。。

私の印象だと、ネイティブは特に「get,have,put」をよく使うなーと感じています。つまり、私たち日本人もこの3つの基本動詞を抑えることで非常に効果的だと考えます。

先日のプログレスチェックで、イディオムが使えたら、よりシンプルに英作できたのに!と思った瞬間があったので、ここに書きます!

最近のプログレスチェックでは、瞬発的に英作文をしていただくことを増やしています。

この前はSさんに「消火器について説明してください」というお題を出しました。
ここでSさんのレベルは中級くらいですが、「火を消す」というワードがぱっと出てきませんでした。

難しい単語だと、「extinguish」になります。
おそらくこれを出そうとしたけれど、出なかったんだと思います。なかなか使わない単語ですよね。。

ここは基礎の動詞+前置詞で、言うことができます。
正解は「put out」です。

I put out a fire.
私は火を消した。

putはなかなか頻出な単語で、他にも
「put off」になると、「~を不快な思いにする」「延期する」の意味になり、使うことができます。

「put up with」は、「我慢する」になります。

このお題の場合「off」を使っても通じるのではないかなーと思いました。
例えば、全然『火を消す』という単語、言葉が出てこなかったとしても『I turn off the  fire』などと言えば絶対に通じると思います。

これを恐れて、何も言えない場合は何も伝えることができません。

今日はイディオムについてだったので、少し上級レベルのお話になりました。こういったイディオムも増やしてどんどん英語を上達させていきましょう!!!

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です