安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

ポルトガル語学習 3ヶ月目の成果

私自身、ポルトガル語の学習を始めて約3ヶ月経過します。
そこでこれまでの学習内容と成果を書こうと思います。

学習内容

まず毎日の学習内容ですが、「たったの72パターンでこんなに話せるポルトガル語会話 」の文章を1ページ目からひたすら覚えています!

なぜこの教材かと言うと、トライズで非常に人気のある教材がこの英語バージョンでした。

その教材を実際に初心者の生徒さんと使っていることで教材が本当に力になることを知ったので、「ポルトガル語」をやるときはこの教材をやるということは決めていました。

「こんにちは」も知らない言語だったので、スタートしたときは「これどうなるうんだろう」と言う感じでしたが、今は少しずつ単語や言い回しなど少しずつ覚えてきました。

1つずつ覚えている学習の内訳ですが、私の覚え方は、①音をひたすらきく と②書く の2つです。

①音を聞く

CDの使い方に関しては、日本語→数秒の間→英語で流れてくるので
日本語が聞こえてきた瞬間に該当するポルトガル語を思い浮かべるようにしています。

この作業は主に移動中です。歩いているとき、電車に乗っているとき、ジョギングしているときは基本的にずっとポルトガル語を聞いています。(たまにものすごく音楽を聴きたくなりますが、我慢です。。)

かつ、私の場合は「書く」と言う作業が自分に合っているので取り入れています。

②書く

1は、移動中や何かしている間でもできる作業ですが、2はできません。なので、時間をとって机に向かい「書く」という作業をしています。

1の作業だけでも、かなり覚えることはできると思いますが私の場合はこの書く作業が覚えることに非常に効果を発揮します。(感覚的ですが、その文字を書いた感覚が脳に残っていて覚えられる感じです)

方法としは、日本語を見て、ひたすらにポルトガル語を書いていきます。こんな感じです。

 

読めるか読めないかくらいのぶんをどんどん書いています。
これを繰り返します。

なぜこのように書いているかと言うと、この作業の目的は日本語を読んだ後に出てくる自分のポルトガル語のアウトプットなので、綴りがあっているのかなどは気にしません。

これまでの成果

実際のここまで3ヶ月間の成果なのですが、多少は文章を覚えることができましたが、実際はまだまだ全く感じられません。 ポルトガル語で会話をしていないから実感できないということもあると思います。

自分の中での学習プランですが、まずは今使っている教材を1周させます。
そこで、基礎の単語や文法を頭の中に入れて、
その半年後くらいからレッスンなどの話すツールを入れていこうと考えています。

なので、実際の会話などは現状はありません。
覚えたポルトガル語で言えば、始めた時よりも格段に増えていますがこれが会話になるとどうなるんだろう!といったフェースです。
ただ、こういった1つ1つの積み重ねでいつか会話できるようになることを知っているので、これからも頑張って続けます!

最後に

Tipsになるかわからないのですが英語においても「冠詞は気にしない」という覚え方がオススメです。

今英語や他の言語を学んでいる方で「冠詞」で悩んでいる・時間がかかっている人がいたら、それはもったいないです。
なぜかというと『パラメータセッティングがないから。。』という話になるのですが、長くなります。
簡単にいつと、私たち日本人の脳の中には「冠詞」を使い分ける感覚がありません。
ネイティブレベルに到達するには、相当な時間がかかるので とりあえず冠詞は気にしなくていい です。

冠詞を理解することに時間をかけているのであれば、その時間で新しい単語や表現を覚えて行きましょう!

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です