トライズで尊敬するマネージャー

私がトライズでもっとも尊敬するセンター長(マネージャー)についてです。

これまでの感謝も伝えたいなと思い書きます。

人事配置について

まずこの記事を書くときに、理解しておくことが必要なトライズの人のポジションについてです。

トライズのシステムですが、各センターにそれぞれ英語コンサルタントが配属されていまして、そのコンサルタントをマネージする立場に、「センター長」という役職があります。

なので、トライズのコンサルタントの直属上司はそれぞれのセンターのセンター長になります。

Kさん

私は、約一年半のトライズ人生の中で赤坂センター・銀座センター・丸の内センターでコンサルタントを経験し、多くの人と関わりましたが、その中で「Kさん」を最も尊敬しています。

どのくらいの尊敬かというと、
「私がトライズでセンター長になったら、Kさんの考え方で仕事をしたいな!/しよう!」と常に思うくらいでした。

なぜKさんをそこまで尊敬しているのかというと、「人を信じる力」が素晴らしかったなと思うからです。

Kさんに「センター長として、一番気をつけていることはなんですか?」とふと会話の中で聞いたことがあって、
その質問に「コンサルタントのHappy」と即答されていた姿が今も鮮明に思い出されます。

素晴らしいセンター長でした。
そして、私はそんなセンター長と一年以上にわたり、一緒に働けたこと、そして2つのセンターの立ち上げを一緒にできたことを本当に嬉しく思います。

どのセンターに配属になっていたとしても、英語コンサルタントとしての仕事については
学べたと思いますが、Kさんの下にいなければ、その考え方や働き方は学べませんでした。
そして、
どこのセンターに配属になるのかは選べないので、それは運なのですが、そこは本当にラッキーだと思っています。
そして、丸の内センターを立ち上げる際も声をかけていただいて、本当にありがとうございました。

ここまでで、
「安藤は、とにかくKさんという人を尊敬しているんだな」ということは伝わったかなと思うので、
ここからは、なぜそんなにKさんがすごいのかを2つのポイントに分けて、説明していきます。

なんでも言い合えるセンター作り

会社で起こりがちなことなのですが、

本社からの指示と現場の感覚が必ずしも一致しないことが多々あると思います。
そして、センター長というポジションはその間に入る難しいポジションだと感じます。

その中で、Kさんは本社からどんな指示があったとしても
自分の中で、まず落とし込んで必ず現場のコンサルタント1人1人に納得いくまで内容をしっかりと説明してくれていました。

その中で私たちから「それは違うんじゃないか」などの意見が出れば、それを真摯に受け止め、本社に投げ返してくれていました。

これまでの私の経験だと、このように’間’になるポジションの人は、どちらかというと本社からの指示をそのまま受けて、下に流す ことをしている人が多い という印象がありましたが、Kさんは全く違いました。

なので、働いていてとても楽しいし、「意見を聞いてもらえる」という信頼があるので、思ったことはなんでも言えるようになっていました。

その”なんでも言えるという環境”を作ってくれていたということが非常に尊敬できるポイントでした。
それもKさんが全員のことを信じて、仕事を進めてくれていたからだと思います。

少し余談ですが、入ってきて1ヶ月未満の新人コンサルタントに
「銀座センターに研修にいった時、安藤さんとKさんが意見を言い合っている姿を見て、銀座センターは思ったことがしっかりと言い合える環境にあるんだなと感じました」と言ってくれたことがありました。

これもKさんがいつも私の意見を受け止め、そこから次のアクションを起こしてくれていたためです。

人を信じる力

Kさんの最大の特徴といってもいいかも知れませんが、「その人の長所と短所を見極めた上で、仕事を振っていく」というところです。

人間1人1人違う考え方を持っていて、
銀座センターでも丸の内センターでもそれぞれ、約8人くらいのチームでしたがそれぞれいろんなコンサルタントがいます。(性別・年齢・考え方など)

その中で、Kさんはそれぞれの長所・短所・得意・不得意を見極め、いいポイントはさらに伸ばしてあげるようにし、改善点は優しく包みながらインプルーブできるように仕事を進めてくれていました。

これは、その人 それぞれを信じていないとできないことだと思います。

銀座センターと丸の内センターを一緒に立ち上げる中で、
「この人にはこうやって仕事を振るんだな。こうやって仕事を進めると人はこのくらい変わってくるんだな。」と学んだことが多くありました。

私自身、これから色んなの人と仕事を進めることがあると思いますが、
そんな時はKさんのようにそれぞれの良いところ・悪いところを知った上でその人を信じて、一緒に仕事ができたらと思います。

最後に

私はKさんにも直接言っていましたが、トライズでセンター長になるならば、Kさんをモデルにしてセンター長をやろう!と決めていました。

なぜなら、Kさんのセンター作りが圧倒的によかった(働きやすく、成長できた)と思うし、数字にも現れていたからです。

トライズで行われた当時の顧客満足度調査では、銀座センターは常に1位でした。

それは、それぞれのコンサルタントの頑張りもあると思いますが、そのコンサルタントが本領を発揮し、頑張れる環境を作ったKさんの成果だと思います。

そして、コンサルタントが本領発揮できるセンターというのは、センター長が部下(コンサルタント)のみんなを信じて走る!ということが大切だと思いました。

おそらく上から言われたことを自分の下に通すことは簡単だし、楽だと思いますが、Kさんは常にその逆を実践してくれていました。

いろんな葛藤や悩みがあったと思いますが、それは全く見せず、着実にセンター運営を進めてくれていました。

今は、私はトライズではありませんが今も尊敬していますし、これからも尊敬します。
悩んだことがあったら、これからも相談しますね!w

そしてKさんから学んだ『信じる力』は、これからの私の一生の財産として生かします。

本当にありがとうございました。

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在は(LEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
メッセージ、対面での英語学習相談も受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です