安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

英語のミスを気にしない・恐れない

私が英語学習コンサルタントとして 英語学習をしている人 に伝えたいことは、
『英語は伝わればいいんだ!』『細かいミスとか気にしないでどんどん英語をアウトプットする!』ということです。

その中で先日、友達のアメリカ人講師コーイチ(※母親が日本人で、アメリカ育ちのバイリンガルです)と話していて「なるほど」と思った出来事があったので載せます。

コーイチの言葉:
「この前レッスンで日本人の生徒さんがすごく難解な英文法の質問をしてきて、答えられないことがあった。。俺アメリカ人だけど。。」「でも、その答えを知ったところでその人が英語が話せるようになるとは思わない」

という言葉でした。
アメリカ人でもわからない文法があるんだ!と改めて思ったとともに、
ものすごく難しい文法を理解したところでその人が英語を話せるようにならないよな と2つとも納得しました。

ここでまず伝えたいポイントは、英語を話す人は文法を細かく気にしていないということです。

別の講師と話しているときに「アメリカ人もYesterday I go to shoppingと言う場合はあるよ」といっていたことも思い出しました。

ここで何度も繰り返しになってしまいますが、
読んでいただいている方に伝えたいことは、英語は伝わればOKということです。
間違いを恐れて何も言わないより、必死に自分の思いを伝えてることが大切です。

英語を話す人は、誰も文法や単語などのミスを気にしていません。この人間違った英語を話しているな と思っているのは一部の日本人だけではないでしょうか。

ちょうど今、楽天・三木谷さんの本を読んでいますがここにも共通することが書いてあったので引用です。

楽天が英語公用語化をしてから、こんなことも説いた。
「楽天が目指すのはネイティブのように流暢な英語を使う企業ではなく、非英語圏も含むグローバルで伝わるシンプルな英語を使いこなす企業だ」

楽天でもシンプルで伝わる英語を求められているようです。
確かに私も「かっこよく、正しい英語を話したい!」という気持ちはすごくわかります。

ただ英語を使うことの本質は正しい英語を使うことではなくて、「伝える」ということを最近改めて感じることができました。
実際に私も英語を話すときは、文法やかっこよさは気にせず思ったことをどんどん話すようにしています。

今自分が持っている英語力でまずアウトプットすることを始めてみましょう!

本当にここが大切だと思います。

ここだけといっても過言ではないのじゃないか!と言うくらい、英語を話すことにおいては、メンタル=心の持ちよう が非常に大切です。

どれだけ英語力が高くても、「私はまだまだだ」「もっとうまく話したい」と思っていると、メンタルブロックがかかってしまい、思うように英語が発言できないんですよね。

でも「大丈夫だ!」「英語で1発やってやろう!」くらいの気概で望めば、思ったように発言ができるはずです。

ここが日本人弱すぎると思います。

カナダにいる頃には、中国人と話す機会も多かったのですが、彼らは「もっとうまく」とか「私なんてまだまだ」なんてみじんも思っていないですよ。

とにかく自分の主張を通すために、めちゃめちゃな中国アクセントで話して来ます。

でもそれでも、彼らが何をいっているかもわかるし、意思疎通できるんですよね。

それで十分と思います。だって、言葉ですよ。

上手とか、下手とかないですよ。伝わったらいいんです!!!

自信持って英語を話していきましょう!

とここまで長めに書いたのですが、もう1つたいせつなぽいんとがありまして「みっともない姿をさらけ出す」ということです。

おる程度大人になってくると「恥ずかしい」とか「かっこ悪い」とかそう言ったことがわかるようになります。もちろん日本語を十分に使えるわけですが、英語になるととたんに上手く文章も作れず「かっこわるく」なり、みっともない姿をさらけだすことになるのです。

このみっともない姿をさらけ出している間、脳内にはドーパミンという成分がでて、大きく成長することができます。

確かに大人になって、しっかりと話せないということは「みっともない姿」かもしれません。。しかし、そんなことは考えずどんどん今の自分をさらけ出すことで成長できるのです。

子供達は、成長スピードがとても早いということが言われますが、そういった「恥ずかしい」姿をさらけ出すことができるからです。

例えば、ヨチヨチ歩きですが、子供が行うそれを恥ずかしいんなどと思い、ためらうところをみたことがないですよね??それは子供が根拠のない自信を持っているからでもあるのですが、どんどん挑戦しているのです。

みなさん子供の頃があったとおもいます。それぞれ挑戦していたのです!しかし、大人になり多くのことを知るようになると途端に「挑戦」しなくなってしまいます。

それでは成長スピードが遅くなっていくだけです。愚直にまっすぐにトライし、失敗し、挑戦していくこれこそが英語習得への最も大切な道となるのです。

一緒に頑張っていきましょう!

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です