安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

英会話レッスンの予習と復習

今日は、レッスンの予習と復習についてです。

すでに英語のレッスンを受講されているかたも、これからレッスンを始めよう!という方にもぜひ挑戦していただきたいのがレッスン前後の「予習」と「復習」です。

レッスンを受ける!ということも大切なのですが、
そのレッスンをより効率的なものにしていくために必要なこの2つです!
ぜひ、参考にされてみてください!

なんでレッスンを受けるの?

まず、なんでレッスンを受けるのか という点ですが、これは何回か書いて来たのですが、
「英語をアウトプットすることで、自分の英語を客観的に見ることができるためです」

「講師からの指摘やアドバイスをインプットするためではありません」ここの意識を強く持っていただきたいと思います。

ここから予習と復習についてです。

予習

予習は、必ず取り入れてほしいと思っています。
「時間がない!」というかたで、予習か復習どっちもやっていられない という方は、まず予習をしましょう!

それぞれのレッスンで、講師とどんなことを話し合うかは決まっていると思います。
そのトピックについて自分がどんなことを言いたいのかを英語でまとめておくようにしましょう。

時々あるのですが、例えばレッスンで「仮想通貨は今後どうなっていくと思いますか?」というお題が出された時に、講師にその質問を聞かれてから「うーん」と考え始める場合があります。
これだとせっかくのアウトプットの場が失われていくので、
最初から言いたいことを用意しておいて、どんどん自分の意見を言う時間を作りましょう。

(※どんなことを話すか決まっていないようなフリーカンバセーションレッスンのようなことをしている人がいれば、それは変えて、レッスンでは話す内容を事前に決めておくことがいいです!)

予習に使う時間なのですが、レッスンと同じくらいの時間をかけるくらいの量がちょうどいいと思います。
オンラインレッスンの場合は、30分くらいのものが多いと思いますから、予習の時間も30分くらい取レルことが理想です。

復習

復習は自分の英語を”反省する”時間です。

思ったように言えなかったこと、自分が言えなかった表現、聞き取れなかった単語 などをレッスンの直後に振り返ることが大切です。
レッスン中にメモをすることもいいと思います。

また、少し負荷はかかってしまいますがレッスンを録音する・聞き返す という方法も自分が何ができなかったのかを把握できる点でとてもいいです。

つまり、どんな方法でもいいので「自分が何ができなかったのか」をしっかりと把握する作業が復習です。

それらを見直すことで、「次は同じミスをしないようにしよう」と意識し、使える英語を増やしていきましょう!
そして、さらにおすすめな練習方法ですが、その自分ができなかったことを次のレッスンで使ってみる という意識です。

復習の時間としては、こちらもレッスンと同じくらいの時間とっていきたいです。
レッスンと同じ時間 予習・復習 をするとなると、必要な時間が増えるのですが、「英語力をあげるため」です。
レッスン料を無駄なものにしないようにしていきましょう!

最後に

「週何回、○時間の英語のネイティブ講師のレッスンを受ける」
よくある日本人の英語学習だと思いますが、これだけ繰り返していても英語力は伸びません。。

レッスンも有効活用して、より高い英語力がつくように少しずつ工夫していきましょう!

今日の記事のように英語学習の比較的?細かい部分も大切ですが、最も大切なことは、「継続すること」です。

その継続する内容は、正直どんなものでもいいと思います。

日本人は、ただ英語に触れている時間が圧倒的に足りていないことが問題です。
読む、聞く、話す、どんな方法でもいいので、英語に触れることが最も大切です。

そうすることで、あなたの脳内に英語に触れた時間が溜まって行き、いつかそれが約3000時間に到達した時、新しい世界が待っています!(英語が話せるようになると言う世界!!)

この世界には、確実に来られます。

英語を話せるようにならない人はいません。絶対に努力が実を結びます。

とにかく英語に触れる時間を増やして行きましょう!

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です