安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

電車での英語のアナウンス?!

本当につい昨日の話なのですが、
電車(日比谷線)で移動しているときに車掌さんの英語
耳に鮮明に入った来たので、
記事にしました。

私は普段、
電車に乗っているときはポルトガル語の瞬間英作文なるものをずっと聞いています。

おそらく、どの路線でも車掌さんは、

「ドアが閉まります。ご注意ください」

と日本語だけで言っていると思います。

今日は、そのあとに

「Door is closing. Please Be careful(ドア イズ クロージング プリーズ ビー キャーフル)」

と付け加えていました。

初めて聞いたので、耳に鮮明に入って来ましたし、
同時に『すごくいいな!』と思いました。

特にいいなと思ったのは、「日本語英語」で堂々と話していたことですね。

外国人にとっては、非常にいいことじゃないですか!

この車掌さんの日本語アクセントの英語ではありましたが、
しっかりと言っている事がわかりました。

本人は、「恥ずかしいなー」と思っているかもしれませんが、
し仕事だからやらないといけない と思って、

英語で話していたかもしれません。

でもそれでも、しっかりと英語をはなしていて、

外国人に優しくて素晴らしいなーと思いました!

英語のアナウンスを付け加える事で、
日本語だけのアナウンスよりも、格段に理解できる人が増えると思います。

もちろん日本の地下鉄に乗っている人種は、「日本人」が多いと思いますが、
外国人もいますよね。

外国人が10人いて、「ドアが閉まります」という日本語をわかる人は、

ほとんどいないと思います。

一方で、そこに「Door is closing」をいう一言を付け加えれば、
そこにいる外国人もほとんどがわかるようになるのでは??と思います。

この英語でのアナウンスが、

”会社で決められた事なのか・この車掌さんのとっさの判断”か はわかりませんが、

簡単な英語が、もう少しだけでもいいから、

もっと日本の中に増えたらいいなー!!!と思いました!

 

今の現状、外国人にとって全然優しくないと思っています。

旅行に来ても、英語の看板とかも少ないし、

新宿とか東京とか渋谷とか、駅がでかすぎて、

日本人でも迷ってしまいますよね。

そこで、どんな英語でもいいから、

「こっちですよ」とか

「次ですよ」とかわかったら、本当に違うんですよね。

なので、日本はもっともっと観光を売っていくために、英語力を上げる必要もあるし、

英語をどんどん導入していくことが必要だと思います!

 

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です