Versant パート別点数の取り方

本日は、皆さんが気になるスコアアップのヒントです。

Versantのスコアが伸びない、、、と悩んでいる方はこちらの記事をよく読んでいただき、まずは何を意識して臨むべきか、参考にしてください!

パートA

Aは問題用紙に書かれた英文を音読していくパートです。
ここでは、発音・流暢さが測定されます。

ポイントとしては、できる限りスムーズに音読することです。
スムーズに読むためには、その文章が読み慣れている必要があります。
パートAの問題は事前に見ることができるので、一通り読み上げる練習をしましょう!

パートB

Bは、聞こえてくる文章をそのまま「繰り返す」=復唱パートです。
ここでは、発音・流暢さ・文章構文が測定されます。

復唱には、総合的な英語力が必要ですがこのパートでは「記憶力」も必要になってきます。
まずは「主語・述語」だけでもしっかりと聞き取るようにしましょう。
そして全体がはっきり聞こえなかったとしても、音だけは覚えるようにして、
音真似で回答するようにしましょう。

パートC

Cは短い問題に答えるパートです。
ここは24問出るので、途中で集中を切らさないようにしましょう!
ここでは、語彙が測定されます。

参考問題
問)水はボトルと新聞のどちらから手に入りますか?
答)ボトル

パートCの問題は、大きく3つに分かれます。
「2択型」「What型」「計算型」です。

パートCのほとんどは2択型の問題です。
2択型は、回答となる『A or B』を確実に聞きにいくことが大切です。

例えば、例文を見るとAが「ボトル」Bが「新聞」になります。
ここが聞き取れれば、たとえ質問が聞き取れなくてもどちらかを答えれば、正解率は50%です。
確実にAかBをしっかりと聞いて、答えていくようにしましょう。
また、わからない場合もしっかりと「I don’t know」というようにしましょう。

パートD

Dは文の組み替え問題です。
ここでは、流暢さと文章構文が測定されます。

ここは文法が感覚的に使えるか が大切です。
記憶力で勝負しようとすると、こんがらがってしまうので、
聞こえてきた英語のまとまりを追って「イメージ」するようにしましょう。
それを脳の中でつなげていきます。

この問題は、英語力が上がってくると次第にできるようになってきます。
並び替えだけの対策をする!というよりは、普段の英語学習が大切です!

パートE

Eは、要約問題です。まずストーリーが30秒ほど読まれて、その後30秒で要約していきます。
ここでは、発音・語彙・流暢さ・文章構文が測定されます。

30秒の音声と聞くと長く思いがちですが、基本的には中学レベルのセンテンスです。

このパートも聞いた英語を「イメージ」することが大切です。
パートEの場合は、ストーリーが30秒あるので、物語が完成しています。
聞こえてきた英語から、「どんな物語なのか」を推測して、自分の頭の中で物語を完成させるようにしましょう。

この場合、特に物語の主人公となる人物が大切です。
「Bob,Tony」など
そこからその主人公の物語を頭の中に作りましょう。

パートF

Fは、自由回答問題です。何らかの意見が問われる問題が2問出題されます。
ここでは、発音・語彙・流暢さ・文章構文が測定されます。

ここは、2つ対策があります。
①英語の話し方
②タイムマネジメント

①についてが、
Versantの対策というよりも、普段から下に書くような英語の話し方をすることが大切です。
「結論」→「理由」→「結論」の形です!

よく言われる理想の形は、
「I agree ~~~. (結論)
Because~~~~.(理由)
That’s why I agree~~~.(結論)」

のような答え方です。ここを意識していきましょう。

②は、回答時間が40秒と決められているので時間を測るということです。
話し過ぎてもよくないですし、早く終わってしまって沈黙もよくないので
時計などを使って40秒を意識していきましょう!

 

安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在は(LEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
メッセージ、対面での英語学習相談も受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です