生徒の英語力に責任を持つ。

今の会社に入ってから、心がけている事があります。

 

責任を持つという事です。

 

「生徒の英語力を伸ばしたい」ではなく、

「生徒の英語力を絶対に目標値まで伸ばす」という事です。

 

例えば、決めた学習スケジュールを出来ない生徒の方がいらっしゃった時に、そんなに忙しいなら仕方ないと思うのではなく、頑張って下さいと言うだけでなく、どうすればスケジュールを守れるかを必死に考え、必ずやってらうようにする。なぜ出来ないかを真剣に考え、相談して、生徒自身の責任にせず、私の責任として解決していく。

 

なるべく生徒任せの部分は無くして、時間も場所もやり方も、期間内の英語学習の事に関しては、全て一緒に考え、最適な方向へ導きたいです。

生徒が自由に出来る部分を与えるという事は、その余白分だけ、私の責任ではなくなることを意味すると思います。

 

生徒の皆様にとっては、自由な部分が減ると事はストレスだと思います。

ですが、学習コンサルタントとしての重要な役割は、学習の課題を明確にする事だけではなく、同じ危機感を共有して、結果を出す事なのではないかと思うようなりました。


以前の私はどこかで、生徒の皆様が満足してくれているのであればそれが良いのでは、と思っていました。でもそれは違うと今は思います。

 

ランゲートで最初にこういうったマインドの部分を徹底的に叩き込まれました。

私たちは駅前留学でも週末ヒロインでもなく、英語学習コンサルタントなので、必ず成果を実感させなければならないです。

 

今担当させていただいている生徒の皆様も、これから担当させていただく皆様も、信じてついてきてほしいです!

 

スーパー英語学習コンサルタント

安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在は(LEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
メッセージ、対面での英語学習相談も受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です