安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

語学を学ぶ環境をどのように作っていくのか。

今日はてんやでご飯を食べました。

てんやのホールスタッフは全員外国人でした。もう当たり前の光景ですね。

みんな若いのに本当にすごいと思います!

絶対日本語ってある程度のレベルにいくまで難しいはずなので。。

いくらオペレーションが決まっているからと言っても、こんなにみんな堂々と働いている事がすごいとしか言いようがありません。

 


私もカナダに留学中にバイトしてた時の事を思い出しました。

スシバーでウェイターとして働いていたのですが、あれは結構いい訓練でした!

そう考えるとやっぱり環境が大事だなと思います。

早く英語力を伸ばしたいと思われている人はとにかく強制的に英語を使う環境に身を置きましょう!

 

因みに、3ヶ月間まとまった学習時間(18時間とか)を確保でき、国内にいながらひたすらアウトプットをしたい人には、スパルタ英会話という新宿と自由が丘にあるスクールがお勧めです。

3ヶ月間、定額で何時間でもレッスンに参加出来るようです。

https://spartan-english.jp/

 

時間もあって、国内にいなくてもいい状況の人は、QQイングリッシュで1ヶ月間みっちりやるのがおすすめです。

https://qqenglish.jp/

 

そして国内にいながら、仕事をしながら、1年間で英語にケリをつける!という方は安藤にご相談ください!

英語力ももちろんですが、やはり一番よかったなと思うことは「メンタル力」も身につけることができたことです。

英語を話すためには、「勇気」「度胸」が必要です。
生まれてきてから、日本語しか使ったことのない私たちが、英語を使うわけですから、不安は大きくなります。そして、私たちはもうネイティブにはなれません。

英語を使っているネイティブの人の英語が正解なのですが、私たちはその英語をつかづけることはできますが、ネイティブそのものになることはできません。

ここを理解して、「えい!」っと英語を使ってしまうということが非常に大切になってきます。

この「えい!」ができるかできないかで、あなたの英語力が上がるか上がらないかがかかっています。

そのくらい重要なポイントです。

この「えい!」ができる日本人がとても少なく、悲しいのが今の日本の現状です。

先日もドイツ人の友達と話した時も、日本人は英語が話せないから観光は他の国よりも難しいとおもう。と言われてしまいました。

特に大阪より、東京の方が人が冷たいと思う。ということも言われてしまいました。

私にとっては、1人でも多くの外国人が日本を楽しんで欲しかったので非常に寂しい発言だったのですが、仕方ないですね。

「英語!!」となった瞬間に一種ビビってしまう人が非常に多いので、例えば外国人が話しかけたとしても、「ごめんなさい」となってしまうのだと思います。。

それで、大阪の方がいい!!と言っていた理由については、大阪の人の方がよりオープンで困っている人がいたら、身振り手振りで伝えてあげているのではないかなーと予想しました。

なので、東京の方が人々が冷たく感じたのだと思います。

この辺も日本全体の英語力があがってくることで、変わってきたらいいなと思います!

いつかそんな日がきたら、私の英語コンサルタントとしての仕事は無くなりますが、そんな日がきたらものすごくいいなと思います!

元スシバー ウェイター アンド 英語コンサルタント

安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です