日系企業の会議が英語

この仕事をしていると、いろいろな方とお話しさせていただく機会がありますが、
最近不思議だなと思うのは日系企業の会議の中で「1人でも外国人がいたら、英語を使う」という事象です。

改めて、英語の力ってすごいなーと思うと同時に効率悪くね??と思います。

例えば、5人出席の会議で、そのうち1人でも外国人がいれば英語になる という話をよく聞きます。(from日本の大企業2社の方から聞いた情報)

その外国人以外、日本人ですから4人が母国語を使っているし、その外国人が少し日本語を理解できれば、全体的な平均の理解度ははるかに上がるのではないかと思います。(4人の日本人が英語が得意な場合は別かも)

それだけど、なんで1人の外国人のために4人の日本人が苦労をしないといけないのかな。

そして、会議全体の理解度も落とさないといけないのかなと思います。

私は大きな企業に勤めたことがないのでわかりませんが、
それは、暗黙の了解でそうなっているのか、会社の決定なのか だと思います。

会社の決まりだった場合は、その英語の会議を避けては通れませんから、英語を習得するしかないと思います。
日本人が英語を習得する場合は、相当の努力が必要です。
「やってみよ〜」くらいの気持ちでは変わりません。

一方で、暗黙の了解的な感じで、「会議が英語になっているのであれば、なんで日本語を使わないのですか?」

とその会議のメンバーに投げたほうがいいのでは??と思います。それができる日本人が多くないのだと思いますが。。
それで、そうだなということになれば、その4人の日本人は英語を使う必要がなくなり、逆に外国人のかたが日本語を学習する必要が出ます。

どっちがいいのですかね。

でもやはり、外国人の人が会議に入る場合には、その方が重要なポストの場合が多いのでしょうか。

それであれば、やはり英語会議は避けられないのかもしれないですね。

私の会社も会議はもちろん日本語で行われますが、基本はみんな英語を話せるし、どのような課題があるのか見つけるためにも、今度英語でやってみてもいいかもしれませんね。

上司に投げてみます わら

 

英語学習コンサルタント 安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在は(LEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
メッセージ、対面での英語学習相談も受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です