安藤勇人のSNS留学をはじめました。
https://ando.run

英語の発音について。茂木さんの意見をお借りして。

英語を話す時の発音について、脳科学者の茂木さんのブログでのご意見が共感出来るものだったので、ここで紹介させていただきます。

誰もが憧れるネイティブのような話し方についてですが、そもそもネイティブってなに??というテーマでした。

 

アメリカ英語もネイティブ

イギリス英語もネイティブ

オーストラリア英語もネイティブ

 

でもどれも微妙に違いますよね。

茂木さんは、ブログで


ネイティヴの発音といっても、どれですか、というのが素朴な疑問なのだが、それはさておき、ぼくの長年の経験だと、なまっているとかそういうことは気にせずにコミュニケーションのツールと割り切るのが最適な戦略のように思われる。


とおっしゃってました。

 

本当にそう思います!

 

もちろん流暢に話せれば格好付きますし、それはそれでいいと思いますが、まずはコミュニケーションが取れればOKです!

 

よかったら原文もご覧ください。

https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8405957.html

この割り切る という作業が日本人の場合は、苦手なのかなーと思っています。日本での英語教育の関係が大きいかなと思うのですが、とにかく細かい部分を気にしてしまう。人が多いなということ感じでします。

英語はただのコニュニケーションの1つにすぎません。
それを理解して、英語が上手になりたい という場合には非常に良いと思います。

しかし、この順序が逆で英語が上手くないとコミュニケーションが取れない。これは順序が逆です。どんどんコミュニケーションを取ってよいです。

その中で新しく気づけることもあります。
もちろんインプットが最優先、最重要なのでそちらを怠ることはよくないのですが、アウトプットも大切です。

特に気持ち的に「正しい英語をはなさないと!」と思っている人はどんどん英語を使って行くこともいいと思います。

あ、英語って意外と通じるんだな!と思うと思います。

このように少しずつ成長させていきましょう!

安藤 勇人

安藤勇人

安藤勇人

岐阜県から上京し芸能界入を目指すも挫折しました。その後カナダに留学して英語を習得して帰国し、一人でも多くの日本人が英語を話せるようになるためのお手伝いをしています。
レアジョブでオンライン英会話について学んだ後(TORAIZ)トライズに入社。2018年顧客満足度調査で1位獲得。
2018年10月にトライズを退職して、現在はLEARNGATE)ランゲートにて英語学習コンサルタントとして活躍中!
安藤勇人のSNS留学をはじめました!宜しければそちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です